そんな理由で?!男性が結婚しようと思ったきっかけは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚を決めたきっかけ

結婚したいと思っていても、彼にそのつもりが無ければ結婚できませんよね。

結婚願望の強い男性とお付き合いした場合、お付き合いしてすぐに「結婚を考えている」という事を伝えられると思います。
なぜなら、結婚願望の強い男性は結婚したいと思った女性を選んでお付き合いをしようと思っているからです。
付き合っていて結婚の話を出さない男性は、結婚願望が無く結婚について何も考えていないことがとても多いです。

というのも、男性側は結婚するために大きな覚悟が必要だったり、一人の自由さを知っていしまってそれを手放す勇気が必要だったり、収入面の余裕や仕事のタイミングなどなど結婚するために決断しないといけないことがたくさんあります。

それでは、結婚するために必要な様々な決断がなかなかできない男性が、結婚しようと思ったきっかけは何なんでしょう?

男性が結婚しようと思ったきっかけは?

なかなか結婚するという決断ができない男性が結婚しようと思ったきっかけですが、実はこれがロマンチストなものやキュンキュンするような出来事があったというものではなく、ただ現実的に結婚を意識する出来事があったから、という事が多いんです。
しかも自発的にではなく、周りの環境や偶然の出来事などなど・・・
ちょっとがっかりするかもしれませんが現実を見ていきましょう。

タイミング

友人の結婚式
結婚は「タイミング」というのは女性も男性もよく言います。
でもタイミングってなんなんでしょう。
よくあるタイミングは
・30歳になったから
・彼女の年齢が30歳を超えているから
・付き合って3年や5年などの記念日を超えたから
・友人が結婚して幸せそうだから

などなど、結局は自発的なものではなく、年月が勝手に意識させたり、周りの環境が意識させるものが多いです。
また、結婚する友人が増えた、友人の結婚式に同席した、結婚した友人の家に招かれたなどなど、「結婚」という言葉に触れたことによって意識する男性が多いようです。
という事は将来的に付き合っている彼女と結婚を考えているという男性が多いという事もわかりました。
ただ、結婚を意識するタイミングがいつ訪れるかは男性または男性の環境次第ということでしょう。
なんだか現実的ですね。

彼女からの逆プロポーズ

彼女から結婚の話をするというのはとても勇気が必要なことですが、それをさせてしまった男性が意外と多いという事がわかりました。
長年付き合っているのに結婚について何も考えていない彼氏に彼女の方から逆プロポーズするというパターンが増えてきています。
「結婚する気が無いなら別れる」と女性の方から言われた男性が、慌てて結婚について真剣に考えだすそうです。
女性の方からすると不本意ですが、決断力のない男性や勇気のない男性からすると「待ってました~」と思ってしまうこともあるでしょう。
また、自分に自信のない男性はプロポーズをする勇気が無いだけで、結婚についてちゃんと考えている場合もあります。
男性の場合、自分の性格はもちろん、仕事や収入などの心配があり、なかなかプロポーズが出来ないという人が多いようです。

子供が出来た

授かり婚
授かり婚やおめでた婚と呼ばれる子供が出来てしまってからの結婚。順番が逆になってしまっただけで望んで出来た場合もありますし、結婚についてあまり意識してなかったのに出来てしまって慌てて結婚について考えだしたという場合もあります。
一昔前は「できちゃった婚」と呼ばれマイナスイメージな事でしたが、子供が出来たというめでたい事に注目されるようになり昔よりイメージはよくなってきています。
年々増加傾向にあり、結婚のいいきっかけになったという声も聞かれます。
ただ、授かり婚の場合、結婚式をする場合に急いで準備をしないといけない事や新婚旅行に海外に行くのが難しくなったり、マリッジブルーとマタニティブルーが同時に来て精神的に辛くなったりとおめでたい事なのに大変だったという体験談を多く聞かれます。
厳格な親戚などがいる場合は祝ってもらえない事もありますので、女性としては出来たら避けたい結婚のきっかけですね。

転勤が決まった

引っ越しする男性
転勤が決まり、遠距離恋愛になるか別れるか結婚するかの3択になったときに男性は結婚を意識する人が多いようです。
その場合、自分や女性の仕事の状況や転勤の期間、転勤場所が大きく影響します。
女性の仕事が順調で大きな仕事を任されていたり、責任のある役職についていたり、仕事を辞めずらい環境にいる場合は男性側が結婚をあきらめてしまう場合もあります。
男性の仕事の状況や期間、場所などにもよりますが、栄転の場合は結婚へ踏み切る男性が多いでしょう。
また、転勤が決まってから実際転勤するまでの期間が短い場合はとりあえず籍だけ入れて別居状態になってしまう場合があります。
転勤先で新しい仕事を始めるので、結婚式などが後回しになってしまったり、彼には仕事がありますが、何もない女性は友人や家族とも遠距離になってしまい寂しい新婚生活を送らなくてはいけないという結果になってしまう事も。
よく考える暇もなくあわただしく結婚してしまうので、これも避けたい結婚のきっかけですね。

昇進した・給料が上がった

給料が上がった
男性が結婚を決断できない理由の一つとして自分の給料の少なさなどがあります。
なので、昇進したり給料が上がったタイミングで結婚を意識する男性が多いようです。
女性側としても収入が上がることで安心できたり、昇進したことによって男性の仕事に対する姿勢もより良くなるのでとてもうれしい出来事ですね。

付き合っている彼女とは結婚できないと思った瞬間

逆に、長年付き合っているのに結婚を考えてくれない男性はなぜ結婚を考えられないのでしょう。
よく、結婚したい女性と付き合いたい女性は違うと言われますよね。
では付き合いたいけど結婚したくない女性とはどんな女性なのでしょう。

高級品をたくさん持っている

買い物をする女性
ブランド物の財布やバッグを大事に使っているという女性は別ですが、ブランド物のバッグをたくさん持っていたり、服も靴も高級品ばかりという女性は付き合っているだけならいいですが、結婚するとなると自分の収入を高級品に消費されていくと思い避けてしまう男性が多いです。
また、美容院に行く回数や化粧品を買い替える回数、エステなどに通っている回数など自己投資にお金がかかる女性との結婚は避けたいという男性がとても多いです。
そりゃそうですよね。結婚したら自分の収入を自己投資に使われてしまうのは困りますよね。

喜怒哀楽が激しい女性

落ち込む女性
うれしい感情や楽しい感情をよく出す女性はとても人気ですが、悲しいことがあると落ち込んでなかなか立ち直れなかったり、激しく怒る回数が多い女性は一緒に生活するとなると避けたいのは男性だけではなく女性も同じなのではないでしょうか?
男性は結婚相手を選ぶときに一緒に居て心地のいい人、落ち着く人を選ぶようです。
結婚すると休日だけでなく毎日顔を合わせて生活するわけですから、できれば感情の起伏の少ない落ち着いた女性を選びたいというのが男性の意見のようです。

ネガティブ

ネガティブな女性
自分に自信が無く、マイナス思考。いつも他人を妬んでいるような女性とはなるべく一緒にいたくないですよね。
可愛い女性が落ち込んでいると、はじめは助けたいと思うかもしれませんが、それが毎日となるといくら可愛くても避けたいと思ってしまうものです。
男性はまず見た目から女性を選ぶ傾向にありますが、結婚となると外見だけを重視しているわけではないようです。

価値観が違う

パーティー
家庭環境や仕事の環境、友人関係など自分との環境からかけ離れている場合は結婚を考えられないようです。
結婚は当人だけの問題ではなく相手の家族とも家族になります。
相手のご両親の収入と自分の両親の収入が掛け離れていたり、女性の方が仕事のレベルが高く収入の差が激しかったりするといくら男女の相性が良くても結婚生活を想像できなくなってしまうようです。

男性が結婚しようと思ったきっかけ まとめ

男性が結婚しようと思ったきっかけ
いかがでしたでしょうか?
意外と「料理がうまいから結婚しようと思った」や「子供好きだから一緒に居たいと思った」など女性にうれしい意見が無かったのではないでしょうか?
もちろん、結婚したい女性を選ぶポイントに「料理上手」や「子供好き」という意見もあるようですが、男性が結婚をしようと思ったきっかけは「タイミング」や「自分の状況の変化」が多いようです。
という事は長年付き合っている女性と将来結婚を考えている男性が意外と多いという事がわかりますよね。
ただ、男性は結婚するために決断しないといけない事がたくさんあり、なかなか決断ができないから結婚を言い出すことが出来ないという事を理解しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*