【髪型・服装・しぐさ】今すぐ真似できる!30代女性が婚活でモテる秘訣10か条!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
婚活モテ子の〈10か条

婚活をはじめて、すぐにいい人に出会える人、出会えない人の違いは何でしょう?
結局かわいい子がモテるんでしょ、って思っていませんか?

実は違うんです。

男性が女性を選ぶとき、付き合う女性と結婚する女性に求めるものは違います。
では婚活でモテる女性とはどんな女性なのでしょう?

モテるためには見た目はやっぱり大事です

見た目が大事、と言っても美人で無くても可愛くなくても大丈夫。
正直、美人である必要はありません。
雰囲気が可愛かったり、身なりを綺麗にしていれば大丈夫なんです。

ちょっとしたポイントを押さえるだけで印象が変わり劇的にモテるようになります。
ポイントを確認してみましょう。

婚活でモテるためには前髪は必須なんです

前髪のある女の子

長い髪をひっつめていると、どうしてもキツイ印象を与えてしまいます。
また、長い前髪のせいで目が見えにくいというのも暗い印象を与えてしまいますので避けましょう。

婚活を機会に、前髪を作ってみましょう。前髪を作るだけで雰囲気が柔らかくなります。
癖があって前髪を作れない、という方も、美容師さんに相談してみましょう。
カットの仕方で前髪が扱いやすくなったりします。
どうしても切りたくない!という方はオデコに前髪が掛かるようにピンなどで整えましょう。
その際、目が見えなくなるのはNGです。

ただ、前髪をカットするときはセルフカットではなく美容院に行って切ってもらいましょう。
自分で切って失敗しては婚活どころではなくなってしまいます。
また、美容師さんは顔の形や髪の癖なので似合う扱いやすい切り方をしてくれます。

ナチュラルメイクを意識して

メイク道具
顔は第一印象を与える大事なパーツです。
普段からのスキンケアを心がけましょう。
エステに行って、高い化粧品を買って、という必要はありません。
毎日のケアを入念にしておきましょう。
また、肌をきれいに保つためには睡眠や食事にも気を付けましょう。
睡眠と食事は高いスキンケア商品より効果的です。
メイクは濃いアイシャドウ、濃いリップは避けて、眉やチークもナチュラルに、すっぴん風メイクが好印象を与えます。
やっぱり口紅は薄いピンクです。※グロスでテッカテカもマイナスです。

ネイルはほどほどに

綺麗な手
長い爪に赤や青のネイルなどおしゃれできれいな色は女性なら憧れますよね。
でも、婚活となるとネイルは印象を悪くしてしまうポイントになります。
ネイルをやめれないという方はピンクやベージュなどおとなしい色にして、ストーンなどのデコレーションは抑えましょう。
また長すぎもNGです。
逆に、手入れの出来ていない爪もNGです。
普段からハンドクリームなどでかさつきを防ぎましょう。
カサカサな手よりつやつやの手の方が好印象です。

アクセサリーはシンプルに

大きなイヤリング
大きな石の付いた耳が垂れてしまいそうなイヤリングやピアスはNGです。
シルバーやゴールドのシンプルで華奢なピアスやネックレスなどが好印象を与えます。
腕にたくさんのブレスレットを付けたり、男性用の大きな文字盤の時計などもおしゃれですが、男性ウケするのはやっぱりシンプルなものです。時計も女性用を使いましょう。

清潔感のある服で会いましょう

服を選ぶ
せっかくの勝負服、流行りのファッションを取り入れたいところですが、婚活にはベーシックなファッションがおすすめです。
グレーや黒はなるべく避け、白やパステルカラーの服を用意しましょう。
ハイネックやトレーナー、デニムにスニーカーなどはNGです。
モテるためにはやっぱり膝下丈のスカートがおすすめです。短すぎたり長すぎるものも避けましょう。
季節にもよりますが、暑い季節はノースリーブが好印象を与えます。
首元は開きすぎず閉じすぎない、鎖骨が見える服がおすすめです。
普段の自分のファッションと違うものは着にくいなぁ、と思わる方は、白やパステルカラーのカーディガンなどを用意しましょう。
いつもの服にプラスするだけで印象が変わります。
また、洋服のお手入れも忘れずに!
毛玉が出来ている、シミが付いている、埃が付いている、など必ずチェックしましょう。

鉄板はブラウスにスカート。又はワンピース。
スカート丈は長すぎず短すぎず膝丈がベストです。

ただし、スカートがどうしても苦手、膝丈は出来たら避けたい、という方は無理にひざ丈のワンピースを着る必要はありません。
自分を曲げてまで婚活をしていると後からしんどくなってきてしまいますよね。
ただ、普段着がTシャツにデニムだからと言って、普段の格好で行くわけにはいきません。
スカートが苦手な方は、ガウチョなど女性らしいシルエットのものを。
膝丈が苦手な方は、ロングスカートでもレースやシフォンなど軟らかい女性らしい素材のものを選びましょう。

重要なのはもう一度話したいと思ってもらうこと

笑顔があれば大丈夫

笑顔の女性
初めて会うときはとても緊張して顔がこわばって怖い顔になってしまう事もあると思います。
なので、事前に笑顔の練習をしておきましょう。
はじめは不自然な笑顔しか作れないかもしれませんが、自分の笑顔を鏡で見るという事は普段しないことなので自分を見るいい機会になると思います。

また、普段から笑う習慣をつけておきましょう。
笑顔にはとても大きなパワーがあり、免疫力向上、血行促進、ストレス解消など体にもうれしい効果があります。
笑顔の人の周りには自然と人が集まり、周りにいい印象を与えます。

おしゃべりはハキハキと

ティータイム
会話の声のボリュームですが、小さすぎても大きすぎてもNGです。
声が小さすぎて聞き取れない時に聞きなおしてくれる優しい男性ならいいのですが、聞きなおすのを面倒に思い聞き流されてしまったりすると会話が途切れてしまいます。
また周りに迷惑になるような大きな声だと、早く帰りたいと思ってしまうかもしれません。
次に会ってまたお話ししたいと思ってもらえるよう、声は適度なボリュームでハキハキしゃべりましょう。

周りに気を配りましょう

初めて会うとき、緊張しますよね。
お相手に粗相のないようにととても気を使うと思います。
でも、お相手だけでなく周りの方にも気を使えていますか?
お相手に不快な思いをさせないように気を使うだけではなく、周囲にも気を使いましょう。
店員さんには丁寧に対応していますか?店内はもちろん、お店を出る時、外を歩いている時の何気ない行動で気を使える人かどうか判断することができます。

聞き上手になりましょう

話をする男女
自分の話を聞いてもらいたい人、人の話を聞くのが好きな人、人それぞれだと思います。
でも二人で会ったとき、自分の話しばかりしてしまうとお相手も「この人は自分に興味が無いのかな」と思ってしまいます。
自分の話しをした後は必ず相手にも話を振ってみましょう。
二人とも話し上手だといいのですが話し上手じゃない場合もあります。
質問攻めになるのもNGなので、出来るだけ自分の話しをして相手の話を聞いて、と言葉のキャッチボールを心がけましょう。

お礼はしっかり伝えましょう

「ありがとう」はしっかりと伝えましょう。
お礼を言われてい嫌な気分になる人はいません。
恥ずかしくて言えなかったとき、緊張して言うのを忘れてしまったときなどは、メールやSNSではなく電話や次に会ったときに必ず伝えましょう。
ただ、何かお礼の品をと物を用意してしまうと気を使わせてしまう場合もありますので、物を用意したいときは気を使わない程度の金額のものにしましょう。

結婚相手は顔やスタイルだけでは選びません

手を繋ぐカップル
婚活は将来結婚する人として相手を見ます。
いつも暗い人印象の人よりは柔らかい明るい印象の人と一緒にいたい。
着飾った人よりは素の女性に会いたい。
と思うのが男性の心理のようです。
ただ、女性の印象は意識をしたりすると変えれたりする部分があります。
マイナスになっているあなたの印象を少し変化させることでプラスにすることができるかもしれません。
無理に変える必要はありません。簡単な事からでいいので、少し変化をさせた自分を楽しんでみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*