30代女性のおすすめ婚活方法をご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30歳までに結婚出来たら。。。と漠然と考えていた20代。
気づけば30歳になっていて、このままじゃいけないと思い婚活をはじめました。

というパターンの女性が多いのではないでしょうか?

周りの友達も続々と結婚の報告をし、結婚式に呼ばれすぎてご祝儀貧乏、「私もそろそろ結婚したいなぁ」と思ったところで出会いなんて無い。。。
と焦りを感じるお年頃。

普段の生活では出会いが無いから「婚活」しようかと思ったところで何から始めたらいいのかわかりませんよね。

そんな方に30代から始める婚活のススメをご紹介します。

婚活パーティーは要注意

婚活パーティー
30代女性の一例
結婚相談所に入会したけどなかなかいい人が見つからない。お見合いを繰り返しても思うような人に出会えない。
息抜きに参加した婚活パーティーで出会った男性と意気投合し、連絡を取り合い付き合う事に。
ある程度付き合いを続けてから、既婚者であることが判明。自分は浮気相手だという事に気づく。
それでも別れることができずズルズルと関係を続けてしまい数年の月日を無駄にしてしまう。

ちゃんとした婚活パーティーでは参加申し込みの際に「独身証明書」の提出をするところもありますが、「独身証明書」自体の知名度が低いですし、住民票や印鑑証明とちがって、本籍地の役所で発行してもらうものなので本籍地が自宅から遠い場所となると取得も面倒な書類です。
なので、「独身証明書」の提出を必須としていない婚活パーティーも多いのが事実。

そうなると婚活をしている女性を狙った既婚男性が遊び感覚で紛れ込んでいる可能背も高く、婚活パーティーで既婚男性に騙されたという話も少なくありません。

付き合う前に見抜けることができればいいのですが、好きになってしまい付き合ってしまってから既婚者であることが判明することがほとんどで、そうなると30代の数年という大事な時間を奪われてしまう事に。

あくまで一例で、婚活パーティでの出会いが悪いと言っているわけではありませんが、婚活パーティーの参加者が全員結婚について真剣に考えているというわけではないので注意が必要です。

また「結婚したい」と言っている20代と30代では印象が違います。
20代であれば「結婚願望が強いんだね」とほほえましく見えますが、30代になると話が違います。
「重い」と思われたり「必死そう」「売れ残ったんだな」と引かれて避けられることも。

もし婚活パーティに参加する場合は「30代限定」や「30歳以上」を条件としたパーティーで身分証明はもちろん「独身証明書」の提出が必須なところを選びましょう。

婚活アプリより結婚相談所

婚活アプリ
気軽に始めれる婚活アプリが増えてきています。
スマホがあれば登録はとても簡単。入会金、月額料金などが安いものや無料のものまでサービスは様々です。
ただ、婚活パーティーでの一例のように既婚者が紛れている可能性がとても高く、サクラと言われる運営側が用意しているにぎやかしの人や、既婚者ではないけれど興味本位で登録している人、また詐欺のように騙してお金を取ろうとしている人など問題が多いのが婚活アプリ。
登録する際も手軽に出来る事から、書類の審査や人の目で確認されることもなくシステムで自動的に出来てしまうので悪用しやすいというのも特徴です。

悪用や既婚者がいなかったとしても、気軽に始めることができる、お金がかからない、となると登録している人の結婚への意志もそこまで高くないのではないでしょうか?

また、婚活アプリでのサービスはお相手の検索や専用のSNSなどシステム的なものがほとんどで相談に乗ってくれる人やアドバイスしてくれる人が居ません。

その点、結婚相談所だとカウンセリングで分析してくれたり、相性の合いそうなお相手を紹介してくれたりします。
自分の良さを引き出すプロフィール写真の撮影や自己紹介の書き方、アピールポイントのアドバイスなど初めの登録の時点からサポートがあり、今まで気づかなかった自分を見つけてくれたり、今まで気にしたこともなかったタイプの人を紹介してくれたり、と手取り足取りサポートしてくれます。

またお見合いのセッティング、お見合い時のアドバイス、気に入らなかったら代わりに断りを入れてくれたり、初デートや交際についてのアドバイスなどなど、サポートが手厚いです。

また、当たり前ですが既婚者はいませんし、入会手続きには各種の提出書類が必須で、入会する際には入会金などが発生することから、結婚について前向きに考えている人しか登録していません。

トラブルを避け、効率的に婚活を始めたい場合は結婚相談所に登録することをおすすめします。

結婚相談所の選び方

結婚相談所
30代に合う婚活が結婚相談所だという事はわかったと思います。
では、どんな結婚相談所があっているのでしょう。
ポイントは3つ。「場所・料金・相性」です。

通いやすい結婚相談所とは

場所選びのポイントは「通いやすい場所」「知り合いにあまり会わない場所」の2点です。
「私、婚活始めました!」と公言できるならいいですが、結婚相談所に行くことになるとあまり大声で公言出来ない人がほとんどではないでしょうか?
家から近いとご近所さんや同級生に見られたりする場合があります。
仲のいい友人には言えるかもしれませんが、普段あまり話さない人に見られて変な噂が回ってしまうのも困りますよね。
なので、いくら通いやすくても家から近い場所は避けましょう。
また職場に近すぎるのも同じ理由で避けたほうがいいでしょう。

大きな市街地であればビルの中にある一室が結婚相談所というところが多いと思いますので、そのビルに入るところを見られたところでその中にある結婚相談所に行くかどうかはバレません。
なので、出来れば市街地ある結婚相談所やビルの中に入っている結婚相談所がいいでしょう。

結婚相談所の料金

通いやすい場所が分かったら、その周辺にある結婚相談所のサイトを探して料金を見てみましょう。
料金を見るポイントは「安いところを探そう」というのではなく、「払える範囲の金額」かどうかです。
この時点で安いところをピックアップするのはやめましょう。

たくさんの結婚相談所のサイトを見て払える範囲の結婚相談所のリストを作ってみましょう。
大手や小規模など様々な結婚相談所が出てくると思います。
大手と小規模のメリットデメリットなどもありますが、とりあえず両方ピックアップして払える範囲の金額ならリストの中に入れましょう。

結婚相談所との相性とは

場所を決めて、結婚相談所のリストアップが出来たら、まずは電話して無料相談の申し込みをしてみましょう。
どこの結婚相談所でも初回は無料相談があるはずです。
地域名で検索したはずなので、どの結婚相談所も徒歩範囲だと思います。
仕事の休みの日などを利用して、無料相談会のはしごをしてみましょう。

そこで結婚相談所の人とじっくり話してみましょう。
店舗の印象や対応してくれた人の印象、対応してくれた人が自分の担当者になってくれるのか、もし違う場合は担当者する人を紹介してもらったり、担当者がいなかったらどんな人が担当してくれるのかなどの確認をしましょう。
はしごをするのでどこでどの話をしたのか、どんな人が対応してくれたのかのメモは必ず取りましょう。
なので、アポを取る際に間に30分から1時間ほどの休憩時間を入れメモをまとめる時間を作ってもいいかもしれませんね。

結婚相談所の一番重要なポイントが担当者との相性です。
毎月支払う金額が低いところがあったとしても、担当者との相性が悪ければ毎月の金額は無駄なお金になってしまう可能性があります。
それぐらい担当者との相性は重要です。
サービス内容も大事ですが、それよりも大事なのは担当者との相性です。
それだけは訪問してみてお話ししてみないとわからないことなので、必ず訪問して確かめましょう。
また、入会するかどうかはその場で判断するのではなく、必ず資料を持ち帰り自宅で吟味して判断しましょう。

決して安いとは言えない結婚相談所の費用です。
よく考えてから入会しましょう。

相手を見抜くチカラを身に着けましょう

チェック項目
たくさんに人と出会い人生経験も豊富な30代。
ダメな人もいい人もたくさん見て、理想や現実にもちゃんと目を向けているつもりでも、理想を追ってしまいがち。
見た目、身長、会話、仕事、趣味、などなど、男性として素敵だなと思う人にしか目がいかない。
ときめかない人とはお見合いをしても出会った人としてカウントしない、なんてことになってしまいます。
正直、出会って女性がときめくような男性は婚活をする必要がありません。
だからって婚活をしている男性が素敵じゃないというわけではなく、出会ったときにときめかなくても、話をしているうちに素敵な一面にを見つけることも。
第一印象で頭の中で○か×かを決めて、×だった時は相手をちゃんと見ようとしない、なんてことしていませんか?
婚活は第一印象だけで判断していてはなかなかいい出会いがありません。
まずは、絶対譲れない最低ラインを決めて、そこから減点法でお相手を判断しましょう。
身長が理想より10センチ低くても、年収が理想より100万円低くても、素敵な一面を見つけてときめくこともあります。

過去に素敵な人にたくさん出会って来た30代だからこその盲点。
理想を下げるという感覚ではなく、相手を見抜く技術を身に着けましょう。

おしゃれすぎる30代は不人気

派手なネイル
ネイルやエステ、美容院にお金をかける余裕があるのも30代。
流行りのネイルに流行りのヘアースタイル、流行りのファッション。
ブランド物の時計や服など、女性が見たら憧れるようなファッションでも、婚活となると別なんです。

ストーンが乗ったネイルや煌びやかなアクセサリー、露出が多いファッションなどは派手で家事が出来なさそうな印象を与えます。
またブランド物の時計や服などはお金がかかりそうなで結婚相手には不向きです。

服装やネイル、髪型はシンプルなものを心がけましょう。
露出が多すぎるのもNGですが、ハイネックやパンツスタイルで隠しすぎるのもNG。
清潔感のある淡い色の服がおすすめです。
また髪型も、明るすぎる髪色や長くても手入れの出来ていない毛先などはNG。
婚活を始める際に整えておきましょう。
ネイルはピンクやベージュなどおとなしい色ならOK。
ストーンやラメは避け、飾りたい場合は花などのネイルシールにしておきましょう。

婚活は結婚したい人を見つける場所です。
派手な印象の女性と結婚したら、結婚してからファッションにお金をかけ生活費を無駄遣いされてしまいそう。
浪費家だったら困る、と思われてしまいます。

「今は自分だけのお金だから好きに使っているけど、結婚したらちゃんとする」と思っていても、婚活で出会った人にそれは伝わりません。

家事は出来るようになっておきましょう

家庭的な料理
家事は最低限出来るようになっておきましょう。
料理は凝ったものより、普段から食べているもの。
お味噌汁や煮物、揚げ物や炒め物など、家庭料理が作れるようになっておくといいでしょう。
また、洗濯や掃除、部屋の整理整頓など普段から気を使うようにしておきましょう。

普段家事をしている人と、全くしていない人、家の中を見られるわけじゃないんだからバレないと思っていませんか?
家事をしているかしていないかは、何気ないことでわかってしまう事が多いんです。

【普段家事をしていない人の行動】
・服に埃がよくついている。
・スーパーで安いものを把握していない。※なんでもコンビニで買おうとする。
・カバンの中の整理整頓が出来ていない。※昨日のゴミがはいったまま。など。
・携帯の画面が割れている。割れたまま長期間放置している。

など、上記の内容は普段家事をしている人なら気になる事を気にしていないという証拠です。
普段から家事をしていると整理整頓などがだんだん身に付いてきます。
またきれいに掃除した後はその綺麗な部屋を保とうとする意識が働きます。
服に埃が付いているのは部屋が汚い証拠です。
なんでもコンビニで買おうとしたり、同じようなものを比較せずに高い方を買ってしまったりする事は、普段から料理をしている人なら絶対しません。
またカバンの中の整理整頓や携帯電話の画面が割れているなどは、自分の持ち物の管理が出来ていない証拠です。
携帯の画面が割れていることについては家事は関係なさそうですが、周りを見渡すと家事をしていない女性の携帯の画面が割れていることがとても多く、家事を普段からしている主婦の携帯の画面はほとんど割れていません。
普段から整理整頓が出来ている、持ち物の管理が出来ている人の携帯の画面は割れていないという事になります。

婚活をしていて、普段から家事をしているかしていないかは、男性側から気になるポイントになります。
それもとても重要なポイントになるので、婚活を始めるならば普段から家事をするようにしておきましょう。

30代から始める婚活のまとめ


悲しいですが、20代よりお見合いの申し込みの数が少ないのが30代の現実です。
それでも幸せな結婚をした人はたくさんいます。
ただ、20代の気持ちのままで行動していてはうまくいかないのが30代の婚活。
婚活には、婚活アプリより婚活パーティーより「結婚相談所」です。
まずは結婚相談所を選ぶことから始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*