怖くない。優しいカードローン

返済を遅らせても電話口で怒鳴られることはない

カードローンを利用するにあたって、「借りるときはいいけど、返せないときは恐ろしいことになるんじゃないか」と心配する人は少なくないでしょう。電話がかかってきて怒鳴られる、あるいはカードローン会社の人が自宅にやってきて、ドアをガンガン叩く、そんなイメージを持つ人もいるかもしれません。実際のところ、カードローン会社はそんなに怖いのでしょうか。
もちろん、期日までにお金を返せない場合、電話はかかってきます。しかし、返せないことを責め立てるのではなく、期日が過ぎていますが、どうかされましたかという確認の電話です。そこで、改めて返済可能な日を伝えれば特に怒られたりすることはありませんし、家に人が来ることもありません。

返済が遅れると事前にわかった場合は自ら連絡しよう

また、「どうもこのままだと返済期日にお金を用意できそうにない」という場合、期日前にカードローン会社に連絡すると、さらに優しい対応が期待できます。カードローン会社からすれば、返済期日が過ぎたあとにわざわざ確認の電話をする手間が省けるからです。返済期日にお金を返せないというケースは、カードローン会社にとって珍しいことではなく、オペレーターもマニュアルに沿ってきちんとした対応をしてくれるので、怖がらずに連絡するといいでしょう。
ただ、二ヶ月、三ヶ月と返済を遅らせることになると、取り立てを行う部署がもっと強硬な対応をする部署に移行する可能性があります。その場合でも怒鳴られたりすることはありませんが、プレッシャーはかなりかけてくるのでそこまで遅らせないようにしましょう。

© Copyright Loan On Card Amount. All Rights Reserved.